薬用ちゅらトゥースホワイトニングをマツコさんが紹介した?

検索ワード急上昇?薬用ちゅらトゥースホワイトニングとマツコの真相とは?

歯の色素沈着を浮かして、歯を白くする効果が期待できる薬用ちゅらトゥースホワイトニングですが、あのマツコ・デラックスさんが司会を勤める番組でかつて取り上げられたという噂が流れています。

 

果たしてそれは真実なのでしょうか?真相に迫っていきたいと思います。

 

マツコの知らない世界で取り上げた?

「マツコの知らない世界」とは、TBSで毎週火曜日の夜9時から放送されていて、あるゆるジャンルに精通したゲストとマツコさんが一対一でトークを繰り広げられるという内容の番組です。

実はこの番組、以前は深夜に放送されていたのですが、その時期に薬用ちゅらトゥースホワイトニングが取り上げられた、という噂があるのです。

 

しかし、そのような事実は番組HPからも確認できず、ネット上の様々なブログから、放送回前後の日にちの書き込みを確認しましたが、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを取り扱ったという内容は見当たりませんでした。

恐らく、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを取り扱った事実はないように思えます。

 

ではなぜ、このような噂が生まれたのでしょうか。どうやら、当番組で2013年7月に「歯ブラシの世界」という内容が放送されたことが関係あるようです。

この回では、歯ブラシマニアの酒向淳さん(一般の方)が、歯ブラシと、オーラルグッズとして歯磨き粉、ガム、電動歯間掃除を紹介しています。

その時に紹介された歯磨き粉というのは、薬用ちゅらトゥースホワイトニングではなく、「デンタパールW」という商品でした。

 

ではこのデンタパールWというのはどのような商品なのかというと、三宝製薬が開発した、フッ素とカルシウムイオンという成分で歯を白くすることが期待できるものらしいです。

チューブが二重構造になっており、カルシウムイオンとフッ素がイオンのまま使用できるそうです。歯の着色汚れを浮かせる薬用ちゅらトゥースホワイトニングとは、ホワイトニングのしくみがだいぶ違うものですね。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、歯の黄ばみの原因となる、飲食によって付着するステインやタバコのヤニなど、外因性の着色汚れを浮かせて白くする効果が期待できる商品です。素材によりますが、外因性の着色であれば差し歯にも使用できるという優れものなのです。

 

テレビで紹介されたということもありデンタパールWは品薄状態が続いているようですが、ホワイトニング効果の評判としては、薬用ちゅらトゥースホワイトニングの方がかなり高いようです。

定期購入で3980円という価格や、通販限定の販売だということが原因かもしれませんね。ちなみにデンタパールWは1200円ほどで購入できます(2017年4月現在)。

ということで、残念ながらマツコさんが薬用ちゅらトゥースホワイトニングを扱ったという事実はありませんでした。

 

しかし、この薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、川村ひかるさんや坂上忍さんなどの芸能人も愛用しているとのことです!

 

芸能人は歯が命なんていうCMも以前流行ったこともありますし、有名人に愛用者がいるとなると、なんだか期待してしまいますよね。

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングでヤニは落ちる?

こんにちは♪

 

最近『歯のホワイトニング』って言葉、良く聞きませんか?

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれません。歯のホワイトニングとは、言葉通り『歯を白くする』ということですね。

もしかしたら友達の奥さんにも「歯医者に行ってホワイトニングしてもらったの~」…なんて方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、歯科でのホワイトニングはとても高くつきます(治療ではないので保険適応外になります)なので、今回は自宅でも手軽にできるホワイトニング剤のご紹介をさせていただきます!

 

歯科でのホワイトニングは高額!自宅で出来るホワイトニング剤の選び方!

なぜ歯は黄ばんでしまうのか

「昔は歯が真っ白だったのに…」「笑うと汚れた歯が見えて嫌!」…と、思われているあなた!まず、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょうか?その原因は大きく二つに分けられます。

 

歯の黄ばみの原因

①食事やたばこのヤニなどによるエナメル質表面の汚れ

食事ですと、着色料や色の濃い食材などによってどうしても色素が歯に移ってしまいます。タバコを吸う習慣のある方は歯がヤニ汚れなんてよく聞きますよね。この二つは歯磨きによって大体取り除けるのです。

 

②エナメル質内部の汚れ

上記の汚れが内部まで色素沈着してしまうと過酸化水素によるホワイトニング剤などを使用しないと歯の黄ばみを取るのが難しくなります。

 

ホワイトニングの種類

先ほどの黄ばみや汚れの原因を落とすために、歯磨きは必須です。しかし、話題としてあげている『ホワイトニング』によって更に歯が白く、きれいにできるのです♪

最初の部分でもあげましたが、ホワイトニングは歯医者でできる『オフィスホワイトニング』と自宅で出来る『ホームホワイトニング』があります。

今回は自宅で簡単にできる『ホームホワイトニング』の種類についてお教えいたします!

 

自宅でできるホワイトニング

自宅でできるホワイトニングの方法とは、マウスピースにジェルを入れるタイプ、ブラシを使用してホワイトニング剤を塗るタイプ、一部分だけ白くする歯の消しゴム、マニキュアのように塗って白くするホワイトニングペン…など、自宅でも様々な方法で白い歯に近づけることが期待できます。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは効くのか?

ヤニ落としは専門ではないけれど・・・?

さて、ここまでホワイトニングについてたくさん書きましたが、今度は具体的な商品をご紹介いたします♪その名も「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。

この商品はPAA(ポリアスパラギン酸)が含まれており、これが歯の汚れに効果が期待されるわけですね!PAAは歯の表面に付着した汚れ(タンパク質)に反応し凝固するという作用があります。

汚れを吸着し、包み込んで剥がすようなイメージです。そして、最大のポイントは取り去った汚れは再付着しないのです!これが歯を白くしていくことができる要素につながっていくわけですね~。

口コミから見るその効き目!

この薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使用した方の口コミを集めてみました☆

 

K.Kさん 女性

この商品を使用してから、周りの人たちから「あれ、肌白くなった?」と聞かれることが増えました。肌はいつも通りのケアしかしていないのですが、この商品でホワイトニングをしていることを周りの人に伝えるととてもビックリしていました(笑)歯の色で印象って変わるのですね。

 

T.Nさん 女性

友人から紹介してもらい、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使用し始めてから驚くくらい簡単に歯が白くなり始めました!大体3週間ぐらい経つと、自分でも自信が持てるくらいになって大満足です♪

 

Y.Kさん 男性

喫煙者の同僚から勧められて使用してみましたが、3か月ほど経って歯がきれいになったことを実感できました。口臭も以前より改善され嬉しいです。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングが向いていない人

最後に、薬用ちゅらトゥースホワイトニングでもどうしても汚れが取れない場合もあります。

まず、加齢による黄ばみです。歯の内側の神経が新陳代謝を繰り返していくことによってだんだんと黄ばんでいきます。

次に、薬の服用による黄ばみです。主にテトラサイクリン抗生物質(風邪薬のシロップや、ミノマイシンといった薬など)でグレーのような縞状の模様が出てしまいます。歯磨きなどで改善されるようですが、場合によっては病院にかかりセラミックでの審美治療…なんてケースもあるそうです。

ここまで書いてきましたが最後に一番薬用ちゅらトゥースホワイトニングが向いていない人をご説明します。

それは、日頃から歯磨きが習慣化されていない方です。薬用ちゅらトゥースホワイトニングが向いていない人というよりは、ホワイトニング自体向いていない方ですね。適切な方法で歯磨きを行っていれば、ある程度の汚れは取れるものです。なので、商品だけに頼らず、日常的に歯磨きを行うことも重要です♪

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングで差し歯も白くなる?

ちゅらトゥースホワイトニングで白くなる差し歯には種類がある!?

9d31c702118f547fbb013a5e02810f0e_s

ちゅらトゥースホワイトニングは毎日の歯磨きで歯を白くしてくれる歯みがき粉です。他の歯みがき粉と違い研磨剤も入っていないため、差し歯もホワイトニングできます。

人によっては白くならないと言う人もいますが、それは差し歯の種類によるから効果が現れていないだけです。

 

白くなる差し歯はどのような種類があるのでしょうか。まとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

 

 

差し歯の種類と特徴

 

長年の飲食やタバコの影響で歯が黄ばんでしまい悩んでいる人は意外と多いですよね。キレイな人でも笑った時に歯が汚かったり、黄ばんでいるだけで印象はガタ落ちです。

 

 

もちろん歯全体を白くできることが理想ですが、差し歯の場合白くならないのではないかと心配ですよね。

ホワイトニングをしても差し歯は普通の歯と材質が違うので種類によって効果も違います。

 

知っている人も多いと思いますが、差し歯には色々な種類があります。

差し歯の種類は主に2タイプで、

1.プラスチック系

2.無機質系

に分けられます。

 

 

1.プラスチック系

【硬質レジン前装冠】

裏側を金属で補強し、前側だけ白い(レジン)。

保険適用だが、金属の影響で歯茎が黒く変色する可能性もある。

 

【硬質レジンジャケット冠】

全体をレジンで作ったもの。

保険適用。色を吸収しやすく、数年絶つと変色する。

 

 

【ハイブリッドセラミック】

セラミックが混ざっているがプラスチックの一種。長年使用していると徐々に変色する。

 

 

2.無機質系

【メタルボンド】

中身は金属で、外側は白いセラミックを使用。

歯茎が下がってくると歯と歯茎の境目が黒く見えてしまうことがある。

 

【オールセラミック】

セラミック(陶器)のみで作られている。

 

【ジルコニアクラウン】

中側は金属を使わず白くて硬いジルコニアを使用し、外側はセラミックを使用。

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングで白くなる差し歯はコレ!

 

ちゅらトゥースホワイトニングはどのような差し歯に効果があるのでしょうか。

 

差し歯によっては使えないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、ちゅらトゥースホワイトニングはどの種類の差し歯に使っても問題ありません。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤不使用で歯に優しい歯みがき粉です。しかも、着色汚れを浮かせて分解→汚れを包み込んで除去してくれるので歯が傷つかず安心です。

 

しかし、全員使用して全員に効果があるかというとそうではありません。長期間使っても白くならない場合もあります。

 

どういうことかというと、差し歯が黄ばむ理由には2つあります。それに当てはまる場合、いくらちゅらトゥースホワイトニングをしても効果はほとんどありません。

 

差し歯が黄ばむ理由1つめは長期間使用での劣化です。プラスチックは何年間も使っていると黄変しますよね。プラスチックのカレー皿を想像してみてください。何回も使っていると黄ばんできて洗剤で洗っても落ちないですよね。差し歯にも同じことが言えます。

 

差し歯自体が長期間の使用で変色してしまうのです。その場合、白くすることはできません。

 

2つめの理由は、銀歯などでの着色です。差し歯に一部分でも銀歯を使っている場合、時間が経つとともに金属イオンが溶けだして、歯や歯茎などが黒く変色します。そうなると白くするのは不可能なので、ちゅらトゥースホワイトニングを使用しても効果はありません。

 

 

では、どんな差し歯に効果があるかというと、着色汚れでの差し歯です。

レジンなどプラスチック系の差し歯を利用している場合、約3年ほどで変色してきます。差し歯をしてから1年~2年で変色してきた場合、食べ物やヤニなどの着色汚れの可能性が高いので効果が期待できます。

 

ここで1つ注意しておかなければならなないことがあります。

プラスチック系の差し歯は傷がつきやすく、細かい傷がいくつもついてしまうと全体を取り替えなければなりません。ですので、やり過ぎには注意が必要です。

 

たわしでゴシゴシ洗ったプラスチックのお皿は傷だらけで汚れも取れにくいですよね。プラスチック系の差し歯でも同じように傷がついてしまうのであくまでも優しく扱ってくださいね。

 

また、無機質系の差し歯はもともと着色しにくいですが、もし着色した場合には効果を発揮してくれます。セラミック(陶器)でできたお皿はすぐ汚れが落ちますよね。差し歯も一緒です。プラスチックとは違い、傷がつきにくく汚れも落ちやすいです。ですので、ちゅらトゥースホワイトニングを使用すると効果がはっきりと現れるんですね。

 

 

差し歯のホワイトニングについて述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホワイトニングは歯科やホームホワイトニングですると費用も時間もかかってしまいます。ちゅらトゥースホワイトニングなら家でいつもの歯みがき粉を変えるだけで手ごろな値段で手軽に歯を白くできます!ぜひ一度試してみてくださいね。