薬用ちゅらトゥースホワイトニングでヤニは落ちる?

こんにちは♪

 

最近『歯のホワイトニング』って言葉、良く聞きませんか?

聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれません。歯のホワイトニングとは、言葉通り『歯を白くする』ということですね。

もしかしたら友達の奥さんにも「歯医者に行ってホワイトニングしてもらったの~」…なんて方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、歯科でのホワイトニングはとても高くつきます(治療ではないので保険適応外になります)なので、今回は自宅でも手軽にできるホワイトニング剤のご紹介をさせていただきます!

 

歯科でのホワイトニングは高額!自宅で出来るホワイトニング剤の選び方!

なぜ歯は黄ばんでしまうのか

「昔は歯が真っ白だったのに…」「笑うと汚れた歯が見えて嫌!」…と、思われているあなた!まず、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょうか?その原因は大きく二つに分けられます。

 

歯の黄ばみの原因

①食事やたばこのヤニなどによるエナメル質表面の汚れ

食事ですと、着色料や色の濃い食材などによってどうしても色素が歯に移ってしまいます。タバコを吸う習慣のある方は歯がヤニ汚れなんてよく聞きますよね。この二つは歯磨きによって大体取り除けるのです。

 

②エナメル質内部の汚れ

上記の汚れが内部まで色素沈着してしまうと過酸化水素によるホワイトニング剤などを使用しないと歯の黄ばみを取るのが難しくなります。

 

ホワイトニングの種類

先ほどの黄ばみや汚れの原因を落とすために、歯磨きは必須です。しかし、話題としてあげている『ホワイトニング』によって更に歯が白く、きれいにできるのです♪

最初の部分でもあげましたが、ホワイトニングは歯医者でできる『オフィスホワイトニング』と自宅で出来る『ホームホワイトニング』があります。

今回は自宅で簡単にできる『ホームホワイトニング』の種類についてお教えいたします!

 

自宅でできるホワイトニング

自宅でできるホワイトニングの方法とは、マウスピースにジェルを入れるタイプ、ブラシを使用してホワイトニング剤を塗るタイプ、一部分だけ白くする歯の消しゴム、マニキュアのように塗って白くするホワイトニングペン…など、自宅でも様々な方法で白い歯に近づけることが期待できます。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは効くのか?

ヤニ落としは専門ではないけれど・・・?

さて、ここまでホワイトニングについてたくさん書きましたが、今度は具体的な商品をご紹介いたします♪その名も「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。

この商品はPAA(ポリアスパラギン酸)が含まれており、これが歯の汚れに効果が期待されるわけですね!PAAは歯の表面に付着した汚れ(タンパク質)に反応し凝固するという作用があります。

汚れを吸着し、包み込んで剥がすようなイメージです。そして、最大のポイントは取り去った汚れは再付着しないのです!これが歯を白くしていくことができる要素につながっていくわけですね~。

口コミから見るその効き目!

この薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使用した方の口コミを集めてみました☆

 

K.Kさん 女性

この商品を使用してから、周りの人たちから「あれ、肌白くなった?」と聞かれることが増えました。肌はいつも通りのケアしかしていないのですが、この商品でホワイトニングをしていることを周りの人に伝えるととてもビックリしていました(笑)歯の色で印象って変わるのですね。

 

T.Nさん 女性

友人から紹介してもらい、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使用し始めてから驚くくらい簡単に歯が白くなり始めました!大体3週間ぐらい経つと、自分でも自信が持てるくらいになって大満足です♪

 

Y.Kさん 男性

喫煙者の同僚から勧められて使用してみましたが、3か月ほど経って歯がきれいになったことを実感できました。口臭も以前より改善され嬉しいです。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングが向いていない人

最後に、薬用ちゅらトゥースホワイトニングでもどうしても汚れが取れない場合もあります。

まず、加齢による黄ばみです。歯の内側の神経が新陳代謝を繰り返していくことによってだんだんと黄ばんでいきます。

次に、薬の服用による黄ばみです。主にテトラサイクリン抗生物質(風邪薬のシロップや、ミノマイシンといった薬など)でグレーのような縞状の模様が出てしまいます。歯磨きなどで改善されるようですが、場合によっては病院にかかりセラミックでの審美治療…なんてケースもあるそうです。

ここまで書いてきましたが最後に一番薬用ちゅらトゥースホワイトニングが向いていない人をご説明します。

それは、日頃から歯磨きが習慣化されていない方です。薬用ちゅらトゥースホワイトニングが向いていない人というよりは、ホワイトニング自体向いていない方ですね。適切な方法で歯磨きを行っていれば、ある程度の汚れは取れるものです。なので、商品だけに頼らず、日常的に歯磨きを行うことも重要です♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です