薬用ちゅらトゥースホワイトニングで差し歯も白くなる?

ちゅらトゥースホワイトニングで白くなる差し歯には種類がある!?

9d31c702118f547fbb013a5e02810f0e_s

ちゅらトゥースホワイトニングは毎日の歯磨きで歯を白くしてくれる歯みがき粉です。他の歯みがき粉と違い研磨剤も入っていないため、差し歯もホワイトニングできます。

人によっては白くならないと言う人もいますが、それは差し歯の種類によるから効果が現れていないだけです。

 

白くなる差し歯はどのような種類があるのでしょうか。まとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

 

 

差し歯の種類と特徴

 

長年の飲食やタバコの影響で歯が黄ばんでしまい悩んでいる人は意外と多いですよね。キレイな人でも笑った時に歯が汚かったり、黄ばんでいるだけで印象はガタ落ちです。

 

 

もちろん歯全体を白くできることが理想ですが、差し歯の場合白くならないのではないかと心配ですよね。

ホワイトニングをしても差し歯は普通の歯と材質が違うので種類によって効果も違います。

 

知っている人も多いと思いますが、差し歯には色々な種類があります。

差し歯の種類は主に2タイプで、

1.プラスチック系

2.無機質系

に分けられます。

 

 

1.プラスチック系

【硬質レジン前装冠】

裏側を金属で補強し、前側だけ白い(レジン)。

保険適用だが、金属の影響で歯茎が黒く変色する可能性もある。

 

【硬質レジンジャケット冠】

全体をレジンで作ったもの。

保険適用。色を吸収しやすく、数年絶つと変色する。

 

 

【ハイブリッドセラミック】

セラミックが混ざっているがプラスチックの一種。長年使用していると徐々に変色する。

 

 

2.無機質系

【メタルボンド】

中身は金属で、外側は白いセラミックを使用。

歯茎が下がってくると歯と歯茎の境目が黒く見えてしまうことがある。

 

【オールセラミック】

セラミック(陶器)のみで作られている。

 

【ジルコニアクラウン】

中側は金属を使わず白くて硬いジルコニアを使用し、外側はセラミックを使用。

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングで白くなる差し歯はコレ!

 

ちゅらトゥースホワイトニングはどのような差し歯に効果があるのでしょうか。

 

差し歯によっては使えないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、ちゅらトゥースホワイトニングはどの種類の差し歯に使っても問題ありません。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤不使用で歯に優しい歯みがき粉です。しかも、着色汚れを浮かせて分解→汚れを包み込んで除去してくれるので歯が傷つかず安心です。

 

しかし、全員使用して全員に効果があるかというとそうではありません。長期間使っても白くならない場合もあります。

 

どういうことかというと、差し歯が黄ばむ理由には2つあります。それに当てはまる場合、いくらちゅらトゥースホワイトニングをしても効果はほとんどありません。

 

差し歯が黄ばむ理由1つめは長期間使用での劣化です。プラスチックは何年間も使っていると黄変しますよね。プラスチックのカレー皿を想像してみてください。何回も使っていると黄ばんできて洗剤で洗っても落ちないですよね。差し歯にも同じことが言えます。

 

差し歯自体が長期間の使用で変色してしまうのです。その場合、白くすることはできません。

 

2つめの理由は、銀歯などでの着色です。差し歯に一部分でも銀歯を使っている場合、時間が経つとともに金属イオンが溶けだして、歯や歯茎などが黒く変色します。そうなると白くするのは不可能なので、ちゅらトゥースホワイトニングを使用しても効果はありません。

 

 

では、どんな差し歯に効果があるかというと、着色汚れでの差し歯です。

レジンなどプラスチック系の差し歯を利用している場合、約3年ほどで変色してきます。差し歯をしてから1年~2年で変色してきた場合、食べ物やヤニなどの着色汚れの可能性が高いので効果が期待できます。

 

ここで1つ注意しておかなければならなないことがあります。

プラスチック系の差し歯は傷がつきやすく、細かい傷がいくつもついてしまうと全体を取り替えなければなりません。ですので、やり過ぎには注意が必要です。

 

たわしでゴシゴシ洗ったプラスチックのお皿は傷だらけで汚れも取れにくいですよね。プラスチック系の差し歯でも同じように傷がついてしまうのであくまでも優しく扱ってくださいね。

 

また、無機質系の差し歯はもともと着色しにくいですが、もし着色した場合には効果を発揮してくれます。セラミック(陶器)でできたお皿はすぐ汚れが落ちますよね。差し歯も一緒です。プラスチックとは違い、傷がつきにくく汚れも落ちやすいです。ですので、ちゅらトゥースホワイトニングを使用すると効果がはっきりと現れるんですね。

 

 

差し歯のホワイトニングについて述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ホワイトニングは歯科やホームホワイトニングですると費用も時間もかかってしまいます。ちゅらトゥースホワイトニングなら家でいつもの歯みがき粉を変えるだけで手ごろな値段で手軽に歯を白くできます!ぜひ一度試してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です